FC2ブログ

独身に戻る日を夢見るアラフィフ男

プロフィール 

りょうちゃん

Author:りょうちゃん
もうすぐ半世紀
身長169cm、体重88kg
専門学校卒業
子二人(男・女)
汚嫁一匹
地方のIT企業勤め
年収950万
趣味、飲みとパチスロ
顔ごく普通

アクセス感謝^^ 

カテゴリ 

最近のコメント 

RSSフィード 

過去ログ 

管理人宛メール 

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

携帯からアクセス 

QRコード

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

 

なんかも・・・夏本番という感じ^^;
太っているわけで夏は苦手である。
特に体調が悪くなるわけではないが、
汗をかきながら過ごすのは苦手だが、
エアコンかけっぱなしの部屋で過ごすのも苦手という、
なんともだるい体をしている(笑)

学生時代だともうすぐ夏休み。
これからまさに「ナンパ」の季節である。
若い方は頑張ってほしい。
既婚者のナンパはどうか?
夏には女性の脇が甘くなる要素があるのだろうか?
よく分からん。

さてさて一応続きである。

アダルト動画見放題!!



もともと知り合いに誘われて入るネットコミュニティでないかぎり、
やり始めてすぐに人とコミュニケーションがとるというのは、
なかなか難しいと思われる。
まず、ネットで女性と知り合う場合、
このハードルを越えるのが第一歩であるが、
これがなかなか難しい。

それぞれ大手SNSでも多様なコミュニティがあり、
その場に参加して出会いを求めるという手もある。
実際、地域名を関したコミュニティには、
明らかに出会いを意識したであろうものもあるので、
参加して雰囲気を見てみても良い。
我が配偶者も現在はそちらをねじろにしているようで、
活発にオフ会に参加している。

・40歳前後で子供も大きい
・旦那単身赴任

これは狙いやすい(笑)
既にか近々か分からないが、
他の男を捕まえる日も近かろう。

さて、このような場で出会ってゆくのもある意味王道ではあろうが、
アプリを利用すれば、とりあえず女性と接触を持つ事ができる。
だいたいこのようなアプリが多い。

・テーマにそってこつこつとキャラなどを育てる
・育てる際に、他のユーザからの協力を得ると進めやすい。

後者が重要で、とにかく他のユーザと絡まねば、
面白さ半減なのである。
個人の持つ掲示板などで挨拶を交わすのではなく、
アプリ内のコメント機能で挨拶を交わしている人々が多数いる。
そこでナンパを繰り返している男も多数いるだろうと思う。
流れとしてはこんな感じである。

・アプリをはじめる
・他のユーザ、特に女性と協力してゲームを進める

<ここで地域の近い人をチョイス>

・朝夕に「おはよう」や「おつかれさま」など簡単な挨拶から進める
・ゲーム内のメール機能でコミュニケーション
・仲良くなってメアドゲット♪

だいたい最後のメアドはただコミュニケーションをとるだけが目的なら必要ない。
SNS内のメールが使えるのだから。
男がメアドを聞いてくるのは「逃さない」ためと思っていい。
「頻繁に見れない」等の理由を歌ってくるとは思うが、
十中八九SNSを辞めてもコンタクトを取るためである。
SNSのIDは簡単に変えられても、
メアドは感嘆には変えられないだろう。
さて、この流れで出会って関係を持ったとしたら見事・・・

「ゲームを楽しんでいたら男と出会ってしまった」

という、多くの(勝手な推測だが)女性の望む出会いの形が仕上がるわけである。
ところで今私が遊んでいるアプリだが、バーを経営するというもの。
お酒が好きなものなので結構楽しんでいる。
アプリ内の友人を見つけるとゲームやイベントが進めやすくなっている。
実は彼女も遊んでいて情報交換するのだが、
アプリ内で友人を探すとき、異性がヒットしやすい仕組みになっているらしい。
検索しても検索してもヒットするのは女性ばかり。
女性のユーザが多いのかと思って彼女に聞いてみると、
彼女が検索すると男性ばかりだという(笑)
製作者側もなんらかの意図があるのだと思うのだがどうか?
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

2011/06/27 08:21|日記TB:0CM:10

コメント
う~ん
私の彼も会ってセックスした後はなしのつぶて。

きっとこういうアプリで新しい彼女を物色中なのでしょうね。

はあ…。


一筋と言っても心が伴わなければ信頼も薄れます。

病気などうつされないか心配です。


いっそ別れてしまおうかな…。





kei #-|2011/06/27(月) 14:52 [ 編集 ]


keiさん

どうなんでしょうねぇ~^^;
彼は既婚者さんですかね?
りょうちゃん #JZ2AL5Xs|2011/06/27(月) 23:30 [ 編集 ]

はい
既婚者です。
家庭円満で社会的地位も高く安定してます。
物事全て合理的にスマートにやりこなす無駄のない人です。
だから要る時だけ要求されます。
嫌いじゃないとは思うけれど思いが見えない。
もしかしたら思いを隠してるのかも知れませんが見えないと信頼も薄れますよね。
揺れています。このままおもちゃでいいのかなと…。

kei #-|2011/06/28(火) 00:34 [ 編集 ]


keiさん

家庭円満なのに・・・浮気ですか^^;
ま、私もある意味円満でしたけどね~
相手をおもちゃにしてやるくらいでいいのではないですかな~

りょうちゃん #JZ2AL5Xs|2011/06/28(火) 07:20 [ 編集 ]

ありがとうございました。
私はおもちゃにされても彼をおもちゃには思えません。(笑)

アプリ遊びもできません。

アナログで待ってみます。(笑)


kei #-|2011/06/28(火) 21:53 [ 編集 ]


りょうさんのおっしゃる通りだと思います

不倫の場合、女性は男性を息抜きのおもちゃにしちゃうくらいがバランスよいと思います

それくらい女性は感情移入しやすいと思いますし男性は体目的が多数だと思います

不倫なんだから相手に誠意や責任を求めるのは間違っているのではないかと思いますし
何の保証もないという覚悟の上で楽しむべき?!と思います

それくらい依存しなければ自然と余裕が生まれ、気持ちが逆転することもありますから
なな #-|2011/06/28(火) 21:57 [ 編集 ]


こういう日記を書くりょうちゃんは
度胸がありますね~男ですね(^^)

不倫は、ちゃんと時間をかけて話をして...
でしょうね~。

私は女性に選んでもらう...っていうスタイルです(^^)

効率は非常に悪いですけどね。

女性が男性を見極めてナンパする方が
いいのかも...不倫の場合は。

私が女性だったら、そう思う(笑)
こーちゃん #3un.pJ2M|2011/06/29(水) 22:05 [ 編集 ]


いろんな人とセックスするのは本人の自由ですが、そういう人は病気持っていそうで非常に怖いです。

性格うんぬんよりも、浮気の場合はそこが大事かと。

ネットの出会いは怖いです。


茶々 #-|2011/07/03(日) 06:36 [ 編集 ]

やはり
私はおもちゃだったみたいです。


見えないところで進展していた新しい彼女をネット上に浮上させて私に気付かせてくれました。


な~んだ、そうだったのかというくらいネット上で私もよく知っていた人だったので、正直動揺してしまいましたが、じたばたしても仕方ないので静かにお別れを伝えました。

今は悲しくてたまりませんが、これでよかったのだと思います。


kei #-|2011/07/12(火) 14:31 [ 編集 ]


もっと素直になれたらよかったな…。信じてあげれば…。これからは悲しみに耐えて静かに生きてゆこうと思っています。こちらも楽しみに読ませていただきますね。ありがとうございました。
kei #-|2011/09/10(土) 11:41 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://whoring.blog74.fc2.com/tb.php/920-e3c3a4ad

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

浮気・不倫・婚外恋愛 

婚外恋愛なブログ
浮気なブログ
結婚生活のブログ
セックスレスのブログ

アクセスランキング 

アクセスランキング

お気に入り^^ 

不倫パートナーをさがそう
~老舗の不倫出会いサイトです。
不倫について語る部屋
~いろんな不倫関連の板があります
恋愛事情
~ポリネシアンセックス等々
旦那には言えない人妻美久の淫乱日記
~ホンモノの人妻が書く秘密の日記

相互リンク 

デリ ヘル情報、全国のデリバリーヘルス探しなら
「デリヘル1分間!」

不倫サイト総合案内所
不倫ノートブック
中年貴族
セックスレスの日々
ぴぴ今日もィク~(((((っ゚ロ゚)っ
アールグレーの日記
28歳妻への夜這い
主婦のマル秘生活
りなの人妻恋愛不倫日記
カッパ&ナースの☆ふたりはセフレ
Tバック日記サイト
四十代すけべカップルの野外日記
NTRスキの妄想
あなたがいるから
~それでもあなたが好きだから~
セックスとハートの相関関係
☆セックスレス主婦、M(えむ)のブログ☆
キスの動画
熟女 人妻悦子の禁断告白エログ
セックスレス解消.com
不倫する時される時
心と体のバランス
ももの花びら New!

相互リンク募集中

Copyright(C) 2006 レスされ男の浮気日記 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.