FC2ブログ

独身に戻る日を夢見るアラフィフ男

プロフィール 

りょうちゃん

Author:りょうちゃん
もうすぐ半世紀
身長169cm、体重88kg
専門学校卒業
子二人(男・女)
汚嫁一匹
地方のIT企業勤め
年収950万
趣味、飲みとパチスロ
顔ごく普通

アクセス感謝^^ 

カテゴリ 

最近のコメント 

RSSフィード 

過去ログ 

管理人宛メール 

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

携帯からアクセス 

QRコード

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

 

メールを打つのって苦手である^^;
前にも書いたな・・・
とにかく筆無精で、リアル手紙なんぞ中学の時に文通とやらをして以来したことない。
男ってあまり手紙は書かないのではないだろうか?

しかし、世にブログをしている男はごまんといて、
私もこうやって文章は書ける。
ところが誰かにメールを打とうとする。
用件のある仕事や連絡のメールは打てるが、
こと、そういう業務以外のメールを打とうとすると・・・
固まってしまう^^;


アダルト動画見放題!!



ご存じの通り、メッセンジャーでのコミュニケーションは好きである。
とっても楽しい。
メッセンジャーとメールの違いというのは何だろうと考えてみる。

「会話する」
「思いを伝える」

この違いではないだろうか?
基本メッセンジャーは通常の会話とほぼ同じ。
相手との言葉のキャッチボールを楽しむ。
が、手紙は相手に思いを伝えるのが目的である。
私は自分の意志なりを伝えるのが苦手なのかもしれない。

ブログの記事などは、
私から見て見えない皆さんに対して書いている訳である。
ある人物に対して手紙を書こうとしたとき、
私の人に対する臆病さが出るのかもしれない。

「こう書いたらどう思うかな?」
「こう書いたら気分が悪くなったりしないかな?」

きっとそんな事が思い浮かんでしまうのだろう。
メッセンジャーであれば即訂正できる。
誤解を受けてもその場で説明できる。
がんばれば・・・ごまかすことも出来る^^;
しかしメールだとそうはいかない。
返信があるまで相手がどう受け取ったか分からない。
返信があったとしてもそれは分からないかもしれない。

「私は対人恐怖症なのか?」

などと思ってしまうことがある。
その点・・・
女性の方は相手に思いを伝えるのが得意なのではないかと思う。
いや伝える事こそが手紙の目的?

管理者のみでありがたいメッセージを頂く。
頂く方はほぼ女性である。
伏せられたその内容は私だけに伝えてくれた言葉である。
そういう訳で残念ながら私からの返信は出来ない。
それは理解されていると思う。
つまり、その言葉を私に伝えることが目的であり、
私からの返信は望んでいないことだろう。

そのように思いが伝えられたら・・・
なにか変われるかもしれない。
そんな気がする。

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

2007/11/15 08:56|日記TB:0CM:1

コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#|2007/11/16(金) 08:08 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://whoring.blog74.fc2.com/tb.php/397-9660b5ae

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

浮気・不倫・婚外恋愛 

婚外恋愛なブログ
浮気なブログ
結婚生活のブログ
セックスレスのブログ

アクセスランキング 

アクセスランキング

お気に入り^^ 

不倫パートナーをさがそう
~老舗の不倫出会いサイトです。
不倫について語る部屋
~いろんな不倫関連の板があります
恋愛事情
~ポリネシアンセックス等々
旦那には言えない人妻美久の淫乱日記
~ホンモノの人妻が書く秘密の日記

相互リンク 

デリ ヘル情報、全国のデリバリーヘルス探しなら
「デリヘル1分間!」

不倫サイト総合案内所
不倫ノートブック
中年貴族
セックスレスの日々
ぴぴ今日もィク~(((((っ゚ロ゚)っ
アールグレーの日記
28歳妻への夜這い
主婦のマル秘生活
りなの人妻恋愛不倫日記
カッパ&ナースの☆ふたりはセフレ
Tバック日記サイト
四十代すけべカップルの野外日記
NTRスキの妄想
あなたがいるから
~それでもあなたが好きだから~
セックスとハートの相関関係
☆セックスレス主婦、M(えむ)のブログ☆
キスの動画
熟女 人妻悦子の禁断告白エログ
セックスレス解消.com
不倫する時される時
心と体のバランス
ももの花びら New!

相互リンク募集中

Copyright(C) 2006 レスされ男の浮気日記 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.