FC2ブログ

独身に戻る日を夢見るアラフィフ男

プロフィール 

りょうちゃん

Author:りょうちゃん
もうすぐ半世紀
身長169cm、体重86kg
専門学校卒業
妻一人、子二人(男・女)
地方のIT企業勤め
年収900万
趣味、飲みとパチスロ
顔ごく普通

アクセス感謝^^ 

カテゴリ 

最近のコメント 

RSSフィード 

過去ログ 

管理人宛メール 

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

携帯からアクセス 

QRコード

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

 

お部屋へ到着。
南の島風(謎)のインテリアで、
非常に感じの良い部屋だった。
残念ながら難点が二つ。

・部屋が昼間だと明るい
・ソファーがへたり気味

そんなところか。
はじめて来るホテルに興味津々なチェリーさん。
部屋をうろうろ・・・
仕方ないので金魚のフンよろしく私も一緒にうろうろ・・・

アダルト動画見放題!!



一回はベッドとソファーのある部屋に仕切られている感じ。
バスルームは大きな窓があり、
海が見渡せる。
こちらは昼間に入ると良い感じだろう。
夜は・・・真っ暗にちがいない(笑

階段を上ると屋上。
2m四方のベッド(?)のようなものがあり、
屋根がついている。
海風があたり気持ちよい。
ここで・・・何をするのだろう(笑

手すりに手をおき、海を眺めるチェリーさん。
後ろから近寄り、抱きしめた。
感想は・・・


「堅い!!」

なんだか筋肉質なかんじである。
笑ってこちらに顔を向けるチェリーさんに、
いきなりディープなキスをお見舞いした。

「あん」

とうめく感じのチェリーさん。
抵抗感はないし、徐々に舌を絡ませだした。
ここで唇をはずし、
顔を見つめながらつぶやく。

「さて、見せてもらおうか ニヤリ」
「いやーんここで?」
「そ♪」

了解も得ず、ゆっくりとデニムのミニスカートをまくり上げる。
やや抵抗するも、すんなりと出現した黒いTバック。

こいつぁいやらしい

というのが素直な感想。
ちょっと肉付きの良いおしり。
うしろなんて履いていないも一緒である。
手すりにチェリーさんは手をつき、
ちょっとうしろにおしりを突き出すポーズ。
私はその後ろに座り込んでTバック鑑賞(笑
鑑賞しながらおしりをなでなで。

「いやぁ、みられちゃう」

といいつつも、なんだか嬉しそうなチェリーさん。
こちらもマニアではないが、
なんだか興奮してしまった。
うむ・・・
露出マニアでは無い人は、
こういう半アウトドア的なシチュエーションは、
良いかもしれない。

しかし、きれいなおしりに良い感じの足だと思った。
細すぎず、太すぎず・・・
これは上半身にも興味津々。
立ち上がり、今度は上をぬがしにかかった。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

2007/09/05 10:19|「チェリー」TB:0CM:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://whoring.blog74.fc2.com/tb.php/353-e08f63a3

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

浮気・不倫・婚外恋愛 

婚外恋愛なブログ
浮気なブログ
結婚生活のブログ
セックスレスのブログ

アクセスランキング 

アクセスランキング

お気に入り^^ 

不倫パートナーをさがそう
~老舗の不倫出会いサイトです。
不倫について語る部屋
~いろんな不倫関連の板があります
恋愛事情
~ポリネシアンセックス等々
旦那には言えない人妻美久の淫乱日記
~ホンモノの人妻が書く秘密の日記

相互リンク 

デリ ヘル情報、全国のデリバリーヘルス探しなら
「デリヘル1分間!」

不倫サイト総合案内所
不倫ノートブック
中年貴族
セックスレスの日々
ぴぴ今日もィク~(((((っ゚ロ゚)っ
アールグレーの日記
28歳妻への夜這い
主婦のマル秘生活
りなの人妻恋愛不倫日記
カッパ&ナースの☆ふたりはセフレ
Tバック日記サイト
四十代すけべカップルの野外日記
NTRスキの妄想
あなたがいるから
~それでもあなたが好きだから~
セックスとハートの相関関係
☆セックスレス主婦、M(えむ)のブログ☆
キスの動画
熟女 人妻悦子の禁断告白エログ
セックスレス解消.com
不倫する時される時
心と体のバランス
ももの花びら New!

相互リンク募集中

Copyright(C) 2006 レスされ男の浮気日記 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.