FC2ブログ

独身に戻る日を夢見るアラフィフ男

プロフィール 

りょうちゃん

Author:りょうちゃん
もうすぐ半世紀
身長169cm、体重88kg
専門学校卒業
子二人(男・女)
汚嫁一匹
地方のIT企業勤め
年収950万
趣味、飲みとパチスロ
顔ごく普通

アクセス感謝^^ 

カテゴリ 

最近のコメント 

RSSフィード 

過去ログ 

管理人宛メール 

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

携帯からアクセス 

QRコード

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

 

予想通り(?)本は殆ど読めず、
眠りに着いたが1時間半くらいで目が覚めた。
車窓には渓谷が見えている。
スマホを取り出して位置確認。
たぶん、第一の乗換駅まではまだまだである。

うつらうつらしながら車窓を眺める。
まぁ、ここはかなり見慣れた景色である。
うとうとしつつ・・・
たまに目が覚めて車窓を眺める。
この繰り返しで第一の乗換駅に到着した。

乗換えは階段を登って二つ隣のホーム。
この駅はとても山奥なのだが、
結構大きな駅である。
・・・これくらいの記述でてっちゃんには位置がばれるか?(笑)

忘れ物を確認して、
次の電車へ乗り換える。
今回はよい席を確保。
たぶん、ここから次の乗換駅までは数十分である。
まぁ・・・
終点なので爆睡こいても大丈夫。
またねちまおうと思ったのだが、
少し身体を動かしたからか目が冴えてしまった。

アダルト動画見放題!!



また文庫本を取り出し読み始めたが、
程なく出発。
しばし景色を楽しむこととし、
本を閉じて外を見る。

最近外出時にはサングラスをかける事が多い。
夏の強い日差しのときには、
随分と目が楽だ。
それから・・・
目線を人に見られる心配が無いのが、
なぜだか心地よい。
別に、変な目線をしていないのだけどねw

見慣れぬ景色を見るというのは楽しい。
なぜ楽しいのか分からない(笑)
ぼーっと眺めているだけで、
退屈を感じる事が少ない。
どちらかと言うと、
自然を見るよりも町並みを見るのが好きである。
なんとなく人が生活する状況を想像したりする。
自分が知る「場所」というのは、
こんなにもちっぽけなのだと思い知らされる。
まだまだ出会っていない人たちが沢山居て、
それぞれの人が日々生きている。
そんな事を考えながら町並みを見る。

この路地の先には何があるのか?
昼間は子供たちが遊んでいるのだろうか?

そんな妄想をするだけで楽しい。
次の乗換駅までは自然たっぷりの道程だが、
そこからは都市部を電車が移動する。
今日もきっと沢山想像をするのだろうと思う。
そんな風に考えているうちに、
次の乗換駅についた。

目的地まで恐らくこの地で半分。
「退屈」と言う奴を覚悟していたのだが、
大丈夫なようだ。
朝のわくわく感を維持しつつ、
次の電車に乗り込んだ。
空を見上げると既に太陽が高く上っていた。
天気が宜しい。
きっと今日も暑くなりそうだ。

スポンサーサイト
[PR]

2019/09/02 14:04|TB:0CM:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://whoring.blog74.fc2.com/tb.php/1477-64da607b

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

浮気・不倫・婚外恋愛 

婚外恋愛なブログ
浮気なブログ
結婚生活のブログ
セックスレスのブログ

アクセスランキング 

アクセスランキング

お気に入り^^ 

不倫パートナーをさがそう
~老舗の不倫出会いサイトです。
不倫について語る部屋
~いろんな不倫関連の板があります
恋愛事情
~ポリネシアンセックス等々
旦那には言えない人妻美久の淫乱日記
~ホンモノの人妻が書く秘密の日記

相互リンク 

デリ ヘル情報、全国のデリバリーヘルス探しなら
「デリヘル1分間!」

不倫サイト総合案内所
不倫ノートブック
中年貴族
セックスレスの日々
ぴぴ今日もィク~(((((っ゚ロ゚)っ
アールグレーの日記
28歳妻への夜這い
主婦のマル秘生活
りなの人妻恋愛不倫日記
カッパ&ナースの☆ふたりはセフレ
Tバック日記サイト
四十代すけべカップルの野外日記
NTRスキの妄想
あなたがいるから
~それでもあなたが好きだから~
セックスとハートの相関関係
☆セックスレス主婦、M(えむ)のブログ☆
キスの動画
熟女 人妻悦子の禁断告白エログ
セックスレス解消.com
不倫する時される時
心と体のバランス
ももの花びら New!

相互リンク募集中

Copyright(C) 2006 レスされ男の浮気日記 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.