FC2ブログ

独身に戻る日を夢見るアラフィフ男

プロフィール 

りょうちゃん

Author:りょうちゃん
もうすぐ半世紀
身長169cm、体重88kg
専門学校卒業
子二人(男・女)
汚嫁一匹
地方のIT企業勤め
年収950万
趣味、飲みとパチスロ
顔ごく普通

アクセス感謝^^ 

カテゴリ 

最近のコメント 

RSSフィード 

過去ログ 

管理人宛メール 

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

携帯からアクセス 

QRコード

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

 

予定を立てねばならん♪
「計画」というのが好きである。
「計画倒れ」も多いが(笑)
今のところ、こんな感じで過ごす予定。

・連休初日地元へ帰り実家を訪れ、その足で元の勤務地へ移動
・転勤した呑み友へ会いに行く
・今の勤務地で待機

こんな感じである。
最終は仕事の一環だから仕方なし。
部屋の大掃除でもしてみようと思っている。
連休でもだらだら過ごすとすぐに日が過ぎてしまうので、
今回の連休はちゃんとスケジュールする事にした。

アダルト動画見放題!!



Excelでカレンダーを作り、
移動日・予定などを埋めてゆく。
とりあえず転勤した呑み友に連絡を取り、
皆の予定を聞いて日にちを設定。
後は、普段なかなか会えない友との予定を入れてみる。
大きな石をさきに入れて、
小さな石で隙間を埋める・・・基本だな。

予定1:以前お世話になった店の大将の店

 今は郊外に店を出しているので、
 その店での呑み仲間を誘ってみた。
 5人くらいは集まりそうである。

予定2:いつも隣の市から来ている人の地元で呑み会

 いつもの呑み仲間を集めてみる。
 集まるだろうか?

上記二つは先の二つの日程が確定してから、
人を集めてみようと思っているのだが、
帰省などが重なるから難しいかもしれない。
しかし、これでほぼ毎日予定が埋った状態。
課題は・・・どの日も午前中~夕方にかけてだなw

基本呑み仲間なので交流は呑み会。
夕方まで時間があるわけだ。
流石にパチに行ってしまうと負ける気がする。
ベタピン営業で間違いなかろう。
という訳でなんとか日中の予定を作って、
パチに行かないようしたいのだが・・・・
絶好調すぎる(笑)

今週は久々にhanabiと半日ほど戯れた。
差枚2500枚程ゲット♪
途中400Gはまり後のバケ7連。
ビッグ間1,100Gという最悪の流れも持ち玉で乗り越え、
飲み会開始時間のぎりぎりまで打っていた。
全ての設定推測要素が、
設定6をぶっちぎっていたので、
間違いなく6だろうと思う。

・・・やっぱ連休中も行くだろうね(笑)

しかしあれだね。
チューハイちゃんとの予定が入れられないのが寂しい。
もう駄目だろうと思ってはいるのだが・・・
とにかく接触する手段が無いのに困っている。

どうにかならんか?(^^;

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

2019/04/22 09:17|TB:0CM:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://whoring.blog74.fc2.com/tb.php/1452-3c8735e0

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

浮気・不倫・婚外恋愛 

婚外恋愛なブログ
浮気なブログ
結婚生活のブログ
セックスレスのブログ

アクセスランキング 

アクセスランキング

お気に入り^^ 

不倫パートナーをさがそう
~老舗の不倫出会いサイトです。
不倫について語る部屋
~いろんな不倫関連の板があります
恋愛事情
~ポリネシアンセックス等々
旦那には言えない人妻美久の淫乱日記
~ホンモノの人妻が書く秘密の日記

相互リンク 

デリ ヘル情報、全国のデリバリーヘルス探しなら
「デリヘル1分間!」

不倫サイト総合案内所
不倫ノートブック
中年貴族
セックスレスの日々
ぴぴ今日もィク~(((((っ゚ロ゚)っ
アールグレーの日記
28歳妻への夜這い
主婦のマル秘生活
りなの人妻恋愛不倫日記
カッパ&ナースの☆ふたりはセフレ
Tバック日記サイト
四十代すけべカップルの野外日記
NTRスキの妄想
あなたがいるから
~それでもあなたが好きだから~
セックスとハートの相関関係
☆セックスレス主婦、M(えむ)のブログ☆
キスの動画
熟女 人妻悦子の禁断告白エログ
セックスレス解消.com
不倫する時される時
心と体のバランス
ももの花びら New!

相互リンク募集中

Copyright(C) 2006 レスされ男の浮気日記 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.