FC2ブログ

独身に戻る日を夢見るアラフィフ男

プロフィール 

りょうちゃん

Author:りょうちゃん
もうすぐ半世紀
身長169cm、体重88kg
専門学校卒業
子二人(男・女)
汚嫁一匹
地方のIT企業勤め
年収950万
趣味、飲みとパチスロ
顔ごく普通

アクセス感謝^^ 

カテゴリ 

最近のコメント 

RSSフィード 

過去ログ 

管理人宛メール 

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

携帯からアクセス 

QRコード

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

 

つらい。
心身ともにつらい。

こういっては女性は不本意かもしれないが、
「心」の方はぶっちゃけ埋めようがある。
私の場合は呑み仲間との交流。
そしてはじめたスポーツ。
あと、最近はやたら部屋を掃除してみたり・・・
いや、これも誤解をうけるとあれなのだが、
私は片付けは出来るが掃除が出来ない。
酷く汚れたところを少しづつ綺麗にしているに過ぎない。
くどい?w

彼女に会えない日々は、
とても寂しいのだが、
日々の仕事や他の楽しみで紛れることも出来る。
たまにやりとりするメールのやりとりも、
更に合いたい気持ちが膨らむ一方、
心休まる貴重な時間となる。

アダルト動画見放題!!



ところが・・・

体はそうはいかない。
元々性欲旺盛であるしね、
なかなかに我慢を要する。
自己処理も行うのであるが、
男だって出すだけで性欲が収まるものでもない。
肌をあわせぬくもりを感じ、
そこから得られる快楽がある。
それは身体だけでなく、
心も満たしてくれる特別な時間なのである。
お互いに求め合う充足感。
やはり自分には必要だ。

昔は風俗などを利用していた。
たぶん、初期の数年はいわゆる「ものめずらしさ」から満足感を得ていた。
もうそいうものは得られない。
とてもお世話になっていたので、
風俗の利用を否定するつもりは無いが、
きっと以前得られた満足感は得られない。
残念で仕方ない。

とっとと仕事を片付けて彼女の元に駆けつけたい。
そう思っているのだが・・・
以前と異なる立場でそれが思うように行かない。
ひじょうに・・・

「はがゆい」

のである。
今ほど自分の能力不足を実感している時は無い。
近々会えそうなのだが・・・
微妙に厳しい。
会えたなら、お互い足腰立たなくなるまで求め合いたい。
そう書くと、ただやりたいだけのようだが、
我慢に我慢を重ねて会う二人だから、
それは大目に見て欲しい。

ふと寝る前に、彼女と抱き合った感触を、
鮮明の思い出すことがある。
髪の香りもしてくる勢い。
我慢の限界も近いな。
10代、20代の若者じゃあるまいし、
困ったもんだ(笑)
彼女も同じくそういう思いなら・・・
とても申し訳なく、可哀想とは思うのだが、
嬉しいと言うのが正直なところ。
同じ気持ちでお互いに求め合っている。
とても素晴らしい事だ。

スポンサーサイト
[PR]

2016/05/30 13:57|日記TB:0CM:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://whoring.blog74.fc2.com/tb.php/1259-02ffa7b2

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

浮気・不倫・婚外恋愛 

婚外恋愛なブログ
浮気なブログ
結婚生活のブログ
セックスレスのブログ

アクセスランキング 

アクセスランキング

お気に入り^^ 

不倫パートナーをさがそう
~老舗の不倫出会いサイトです。
不倫について語る部屋
~いろんな不倫関連の板があります
恋愛事情
~ポリネシアンセックス等々
旦那には言えない人妻美久の淫乱日記
~ホンモノの人妻が書く秘密の日記

相互リンク 

デリ ヘル情報、全国のデリバリーヘルス探しなら
「デリヘル1分間!」

不倫サイト総合案内所
不倫ノートブック
中年貴族
セックスレスの日々
ぴぴ今日もィク~(((((っ゚ロ゚)っ
アールグレーの日記
28歳妻への夜這い
主婦のマル秘生活
りなの人妻恋愛不倫日記
カッパ&ナースの☆ふたりはセフレ
Tバック日記サイト
四十代すけべカップルの野外日記
NTRスキの妄想
あなたがいるから
~それでもあなたが好きだから~
セックスとハートの相関関係
☆セックスレス主婦、M(えむ)のブログ☆
キスの動画
熟女 人妻悦子の禁断告白エログ
セックスレス解消.com
不倫する時される時
心と体のバランス
ももの花びら New!

相互リンク募集中

Copyright(C) 2006 レスされ男の浮気日記 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.