FC2ブログ

独身に戻る日を夢見るアラフィフ男

プロフィール 

りょうちゃん

Author:りょうちゃん
もうすぐ半世紀
身長169cm、体重88kg
専門学校卒業
子二人(男・女)
汚嫁一匹
地方のIT企業勤め
年収950万
趣味、飲みとパチスロ
顔ごく普通

アクセス感謝^^ 

カテゴリ 

最近のコメント 

RSSフィード 

過去ログ 

管理人宛メール 

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

携帯からアクセス 

QRコード

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

 

フラッシュバックという用語は過去に起こった記憶で、
その記憶が無意識に思い出され
かつそれが現実に起こっているかのような感覚が非常に激しいときに特に使われる。

よくネットで「フラバ」という用語を見るので調べてみた。
一応は医学用語なのか?
これも正確に使われていないような気がする。

「現実に起こっているかのような感覚が非常に激しいとき」

ここが重要で過去に起こったことが、
今現在起こっているような感覚になる。
そしてそれが「非常に激しい」時。
つまり現実感が非常に高い場合をフラッシュバックと指すのだろう。

アダルト動画見放題!!



ネットで「フラバが激しい」などと表現される場合の殆どは、
当てはまらないのじゃないかね?
それは端的に言うと、

「嫌な過去を思い出して非常に嫌な気持ちがよみがえっている」

そんな状況だと思う。
恐らく本物は視覚、聴覚も刺激されるような本物の感覚ではないかと想像する。
こういうのもね・・・
この言葉にしろトラウマにしろ、
簡単に使っちゃいけない言葉のような気がする。
本当に対象となる人は「治療」が必要なレベルだろうから、
それらが軽く認識されてしまわないだろうか?
更にいうと、単に精神的な弱さ、切り替えができないだけの人が、
「病名」がつくことにより安心し、
自ら改善をする努力をしなくなるのではないか?
というのは考えすぎか?(笑)

ところで・・・

いわゆるフラッシュバックではないが、
自分も過去を思い出して精神的に不安定な状態になる事がある。
時間にして数分であり、特段「治療」が必要な状態とは思わない。
不思議な事に過去を思い出すと本来「幸福感」をえられるような状況。
ある場所に行くとそういう状況を思い出すのだが、
それがとても不快感を伴ってしまう。

一言で言えば「喪失感」か?
過去の光景を思い出し、
若干呼吸が荒くなり、胸が締め付けられるような感覚がある。
思い出す状況はとても幸せな状況であるのだがね・・・
不思議だ。
その場所にずっと居ても数分でそういう事はなくなるし、
場所をはなれてもすぐに治るものでもない。
たとえば今その状況を思い出しても何も起こらない。
どうもその場所に居るというのが原因らしい。
困ったもの・・・でもない(笑)

そういう場所が増えてゆくのなら困ったものだが、
幸か不幸かそういう可能性は無いと断言してよいので心配ない。
対象の場所がたとえば「彼女との思い出の場所」であったなら、
今後も増えてゆくだろうから何かしら対応を考えねばならんね(笑)

これがフラッシュバックか!!

などと思い、少しだけ調べてみたのだが・・・
自分のは違うね。
世の中の人たちよ・・・ちょいと大げさではないか?(笑)
やな思い出を思い出して精神的に落ち込むくらいの事ならば、
自分でなんとかしようと思えば改善しようがあると思う。
なんて主張は「傷ついた」とする人には相手の気持ちを考えない酷い言葉なのだろうか?
そうではなく病名にすがり現状を「病気だから仕方ないもの」と自己肯定するほうが、
当人には良いことなのだろうか?

精神関係のいろいろな言葉。
本来の意味を調べてみると面白いかもしれない。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

2015/07/13 13:00|日記TB:0CM:6

コメント
ご無沙汰しております。
トラウマもフラッシュバックも軽い感じで使われていますよね。
私もよく使います(笑)
でもまあ、多分、使っている人たちも、そこまで深刻でない事を承知しつつ使っているのだろうと思います(^_^)
新型鬱、のような病氣もそうですが、確信犯は相当いるでしょうね。
ただ、反対もあります。
明らかにおかしいのに自分の病氣に気がついていない人。または認めようとしない人。
病氣を受け入れられない人。
こちらはこちらで問題ですよね。。。
もう、世の中、何が病氣で、何が普通で何が合ってて、何が間違ってるのかが最近わからなくなってきました(汗)
若い時より歳取ってからの方が判断出来ないって何⁉️(;゜0゜)

つくづく
人生の羅針盤があればいいのに、と思う今日この頃です。

りこ #-|2015/07/16(木) 17:32 [ 編集 ]


だめだ・・・
フラッシュバックと聞くと今から20年以上前に存在した「モザイクの変わりに白飛ばし」しているビデオを思い出す。

すまん。
タカJr. #-|2015/07/22(水) 01:21 [ 編集 ]


病名がつかない自覚症状...
体質的、遺伝的な問題は、世の中
結構あると思います。

なかなか科学的根拠を示すのは難しいと思いますが
俺個人で精神的なものをあげると、内視鏡や
MRIでは異常が見られない過敏性腸症候群や
片頭痛など、外観的所見では病気ではないけど
自覚症状があるものに悩まされています。

これは科学的な医者の見解では、ちょっとした
刺激で脳内物質のセトロニンが多くなり自律神経
が支配している腸が勝手に反応したり
光などに反応して、勝手に血管が広がって
神経を刺激する片頭痛がおこるなど、原因は
解っていても、なる人と生らない人の違いは
科学的な医者でも体質的なものだと言います。

フラッシュバックや鬱なども、てんかんのように
神経過敏のような感じで、自分でなんとか
しようと思っても、むずかしいかもしれません。

フラッシュバックも自分の意志とは別に
個人差があり、病気ではないかもしれませんが
勝手におこるものなのかもしれませんが
どうなんでしょうね?
きーちゃん #x7IeRRHE|2015/07/23(木) 20:20 [ 編集 ]


りこさん

そうすね・・・
まぁ、でも先が分かっている人生も、
つまらないかもですよw

タカさん

笑ったw
ありましたね!!
モザイクは目を細めてみましょうw

きーちゃん

なかなか・・・
精神疾患というのは、
科学的根拠は示せないでしょうね。
こんな現象が世の中にあふれていると思うのですね。

・病名とか症状が定義される(作られる)
・なんとなくのイメージがが浸透
・本来の意味でない状態に対して幅広く使われる。

日本だけなんですかね。
名前がついてカテゴライズされると安心するみたいな(笑)
ほら・・・
ちょいと夫が気に入らない行動をすると「モラハラ」とかね。
そもそも男専用の言葉でないし、
世の女どおしの確執の原因などほとんどモラハラだと思うのだけど、
いつの間にやら男にしか使わない言葉になっている。

このように名前がつくと・・・
蟻が群がるようにその言葉を無理やり使う人たちが沸いてくるwww
りょうちゃん #JZ2AL5Xs|2015/07/24(金) 16:42 [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#|2015/07/24(金) 22:12 [ 編集 ]


モラハラや精神疾患などの中で、要因や
はっきりとしないものは、意外と被害妄想という
場合も多そうですね(^_^;)

本当に悩んでいる人との区別がつかなくなって
いるのかもね。

思い込みや決めつけで、事を考える人がいると
そういう集団が集まって宗教的な思い込み集団
みたいな感じになりそうですね。

その攻撃対象にならないように
お互い気を付けましょうね^^



きーちゃん #ASaEpzQ2|2015/07/25(土) 11:53 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://whoring.blog74.fc2.com/tb.php/1228-35b68ab8

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

浮気・不倫・婚外恋愛 

婚外恋愛なブログ
浮気なブログ
結婚生活のブログ
セックスレスのブログ

アクセスランキング 

アクセスランキング

お気に入り^^ 

不倫パートナーをさがそう
~老舗の不倫出会いサイトです。
不倫について語る部屋
~いろんな不倫関連の板があります
恋愛事情
~ポリネシアンセックス等々
旦那には言えない人妻美久の淫乱日記
~ホンモノの人妻が書く秘密の日記

相互リンク 

デリ ヘル情報、全国のデリバリーヘルス探しなら
「デリヘル1分間!」

不倫サイト総合案内所
不倫ノートブック
中年貴族
セックスレスの日々
ぴぴ今日もィク~(((((っ゚ロ゚)っ
アールグレーの日記
28歳妻への夜這い
主婦のマル秘生活
りなの人妻恋愛不倫日記
カッパ&ナースの☆ふたりはセフレ
Tバック日記サイト
四十代すけべカップルの野外日記
NTRスキの妄想
あなたがいるから
~それでもあなたが好きだから~
セックスとハートの相関関係
☆セックスレス主婦、M(えむ)のブログ☆
キスの動画
熟女 人妻悦子の禁断告白エログ
セックスレス解消.com
不倫する時される時
心と体のバランス
ももの花びら New!

相互リンク募集中

Copyright(C) 2006 レスされ男の浮気日記 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.