FC2ブログ

独身に戻る日を夢見るアラフィフ男

プロフィール 

りょうちゃん

Author:りょうちゃん
もうすぐ半世紀
身長169cm、体重86kg
専門学校卒業
妻一人、子二人(男・女)
地方のIT企業勤め
年収900万
趣味、飲みとパチスロ
顔ごく普通

アクセス感謝^^ 

カテゴリ 

最近のコメント 

RSSフィード 

過去ログ 

管理人宛メール 

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

携帯からアクセス 

QRコード

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

 

書いてみよう。

家があるわけだが・・・
離婚後どうするべきかちょいと気になっていた。
ほとんど住んでいないので、
正直なところ愛着が無い(笑)
それはそれで良いかもしれない。
こういうのはどうかと考えている。

・名義は自分
・離婚時に子供に贈与
・ローンについては残金を配偶者と折半

こんなところか。
財産分与で考えれば、
借金も財産なので法的には正当である。
その時までに贈与税と残金をなるべく返せるように、
今から貯蓄に励もうと考えている。
少なくとも・・・
その後の人生で不自由しないよう、
負債を減らしておきたい。

しかし、子供のどちらか一方に贈与するわけだから、
もう一方にも何かしてやりたいところ。
まぁ、家が欲しいと思うかどうか微妙だがね。
子供にとっては幼いころから済んだ家だから愛着もあろう。
その場で売り飛ばすよりはいいだろうね。
少なくともどちらか一方のものにはなる。

アダルト動画見放題!!



家を買ったころはまだ修復を考えていたなぁ~
部屋も増えてレス解消。
そんな事を考えていた。
少なくとも環境が変わればきっかけになるのではないかと思ったしね。
甘い、甘い・・・

いろいろとレスな方の状況を聞いているうちに、
私にはレス解消に関する一つの考えが生まれている。
身もふたもない話になるが・・・


「拒絶する側が改善したいと思わねば改善できない」


これである。
男視点で話をすると、家事を手伝おうが一人の時間をつくってあげようが、
どのような形で愛情を注ごうとも、
本人が「したい」と思わねば解消しないのである。
私のセックスレスの改善など考えず、
ただ自分がしてほしい、
女がしてほしい事をあげつらった無責任な女からのアドバイスを聞いて、
いろいろしてみたが改善などしなかった。
同じような話を良く聞く。
女からのアドバイスなんざ、男のためではない。
同性のためを思ってしかできないのだ。

「してあげたい」と思えるようになるのは、
結局相手から注がれる愛情でなく、本人の愛情なのだ。
相手が望み苦しんでいるのを知っていて欲求に答えられないのは、
完全に愛情不足である。
特に女は子供が生まれれば、愛情の殆どが子供に向いてしまう。
それは男にとってさびしい部分もあるが、
女にとってはそれが「あたりまえ」であるのだ。
そして男が我慢するのも「あたりまえ」という考えなのだろう。
子供のため、また子供のために「大変になった」女に対しては、
とにかく男の性欲などという「ちっぽけな物」に配慮する必要はない。
そんなところだろう。

無論すべての女がそうとは言わないが、
すくなくとも産後「拒否し続ける」女はそうではないだろうか?と思っている。
もうね、そうなったら10年単位で我慢を続けて、
子供の世話も一段落したころで行動するしかないのだと思う。
一方的な奉仕の心を持って家事を手伝い、
かつセックスのために頑張ってる風を相手に思わせないようにね。
これ重要・・・
ある程度「したい」意思表示をしながら頑張っても、
結局セックスしたいから頑張ってるくらいにしか見られない。

子供が生まれるのは20代~30代であろう。
男にとっては性的に充実した時期である。
その殆どを自己処理で済まさねばならぬわけだ。
そして、やっと復活したとしても・・・
既に機能が衰えてくる頃である。
理不尽極まりない。

結婚前にそうなるかどうか分かればいいのだけどね。
そんなものは事前には分からない。
その傾向があったとしても、
結婚前のラリ期に理解して結婚を思いとどまるのは不可能だろう。
もしも若い人がこの記事を見たなら強く言いたい。
少しでも兆候があれば、その結婚は考えた方がいい。
もちろん、セックス無くてもOK的な男なら問題ない。
しかし、充実した性生活を得たいなら、
少なくとも結婚時点で拒否された感がある相手との結婚は避けるべきだろう。

後は今まさに悩んでいる人・・・
男の能力低下はいつか来る。
どういう形であれ、その時に後悔しない行動を考えてほしい。
幸せな家族というものを得られなかったとしても、
私は行動したことを悔やんではいない。
想像してほしい・・・

一方的に拒絶され、
それでも耐えて愛情を注ぎ続け、
最終的に枯れてしまったなら・・・

貴方はそれで良い人生を送れたと思えるだろうか?
もしもそれで相手が浮気なんてものをしていたとしたら、
相手を許す事ができるか?
今の時代、女は簡単に浮気をするのである。
私のように相手を欲している男もたくさんいる。
職場、PTA、SNS・・・
出会いの場は無数有り、何かあなたや生活に不満を持ったなら、
それを言い訳に簡単に浮気する女がたくさん居るのである。
たとえ貴方とのセックスを拒んでいようとね。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

2014/05/12 09:53|日記TB:0CM:4

コメント

家庭が充実し、双方の思いやりが通じている家庭の女性は「他人の相談にお為ごかしのアドバイス」をしている暇などありません。
家庭や配偶者に不満があるからネットで他人にアドバイスして「必要な情報をあたえてやってる満足感」「誰かに必要とされる人間であるという充実感」を求めているのです。
つまりアドバイスしている女の意見は「失敗者の無責任な願望」に過ぎない(笑)

しかしまあ、セックスレスに悩み、色々な解決策を模索したからこそ、人間の汚い醜い感情が透けて見える能力(幽波紋?)を会得することができました。
独身の気楽さ、強さ、独身に必要な能力(暴力)、一般的な幸せとは違いますが、別の形での満足を得ることができたのはセックスレスのおかげだったと思います。
タカJr.4 #qgE5kL32|2014/05/12(月) 12:27 [ 編集 ]


たかさん

なるほど・・・
どのような状況でも、得るものはあるという事ですね。
ありがとうございます。
りょうちゃん #JZ2AL5Xs|2014/05/15(木) 10:24 [ 編集 ]

変わるんです…^ ^;
初めまして(^^)
官能小説大好きオバちゃんです。
りょうちゃんと同じ歳のような気がします。
ここ一週間ほど過去記事から読ませていただきました。
20代に三人の子に恵まれ
もうすぐ50代になります。
子供に夢中の30代の頃は
セックスは無くても良いと思ってたんです。
私の旦那はしたいので
私の体力が消耗しないよう
頑張って家事をしてくれましたよ(^.^)"
「手抜きエッチお断り」
って
私は、セックスしてあげてました(^^;)
ところが
現在は子供達が独立し
センチメンタルな私の性欲が凄いのです。
今は私がしてもらってるかんじです!(◎_◎;)

配偶者さんの身体も変化してるのでは?

♪嫌な事は全部、纏めて 屑カゴへ〜 ♪
ってアニメの歌があります。

今、配偶者さんとしてみたら
激変したりするかも⁉︎
って
無理ですかね……

過去の配偶者さんに
お説教したいオバちゃんです(涙)
おセンチおばちゃん #-|2017/06/21(水) 17:26 [ 編集 ]


お付き合いしていた彼女に言われたことがありますわ~
他の男のものをくわえ込んだ、
汚い穴に突っ込む気になれません。
ゆえに汚嫁です(笑)
りょうちゃん #JZ2AL5Xs|2017/06/21(水) 17:43 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://whoring.blog74.fc2.com/tb.php/1154-913cadb5

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

浮気・不倫・婚外恋愛 

婚外恋愛なブログ
浮気なブログ
結婚生活のブログ
セックスレスのブログ

アクセスランキング 

アクセスランキング

お気に入り^^ 

不倫パートナーをさがそう
~老舗の不倫出会いサイトです。
不倫について語る部屋
~いろんな不倫関連の板があります
恋愛事情
~ポリネシアンセックス等々
旦那には言えない人妻美久の淫乱日記
~ホンモノの人妻が書く秘密の日記

相互リンク 

デリ ヘル情報、全国のデリバリーヘルス探しなら
「デリヘル1分間!」

不倫サイト総合案内所
不倫ノートブック
中年貴族
セックスレスの日々
ぴぴ今日もィク~(((((っ゚ロ゚)っ
アールグレーの日記
28歳妻への夜這い
主婦のマル秘生活
りなの人妻恋愛不倫日記
カッパ&ナースの☆ふたりはセフレ
Tバック日記サイト
四十代すけべカップルの野外日記
NTRスキの妄想
あなたがいるから
~それでもあなたが好きだから~
セックスとハートの相関関係
☆セックスレス主婦、M(えむ)のブログ☆
キスの動画
熟女 人妻悦子の禁断告白エログ
セックスレス解消.com
不倫する時される時
心と体のバランス
ももの花びら New!

相互リンク募集中

Copyright(C) 2006 レスされ男の浮気日記 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.