FC2ブログ

独身に戻る日を夢見るアラフィフ男

プロフィール 

りょうちゃん

Author:りょうちゃん
もうすぐ半世紀
身長169cm、体重88kg
専門学校卒業
子二人(男・女)
汚嫁一匹
地方のIT企業勤め
年収950万
趣味、飲みとパチスロ
顔ごく普通

アクセス感謝^^ 

カテゴリ 

最近のコメント 

RSSフィード 

過去ログ 

管理人宛メール 

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

携帯からアクセス 

QRコード

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

 

全般的にそう思う事がある。
こんな判決がでたらしい。
要約する。

・単身赴任中に妻が浮気
・浮気相手の子を産んだが、夫婦の子として育てる
・夫は月に数回家に帰っていたので疑っていなかった。
・その後浮気がばれて、妻側から離婚を請求
・請求の際に、父子関係を取り消す訴訟を起こす。
・高裁でも父子関係取り消しの判決(?)
・現在最高裁で審議中

こんな感じである。
まぁ、まずは偽って浮気相手の子を、
夫の子として産んだ女がクズなのに異論はなかろう。
それはよい。いや、良くはないが^^;

記憶が正しければ父方が父子関係の取り消しを有効にするのは、
生後1年と決められており、それ以降は変更できないはずで、
異例の判決との事である。
この裁判の原告は子供となっている。
まだ右も左も分からない子供を原告にするとはね・・・
こういう事が認められているのも驚きだ。

アダルト動画見放題!!



疑問点がいろいろある。
そもそも有責側、この場合妻からの申し立てで離婚をできるのだろうか?
もちろん夫が同意しない場合ではあるが・・・
できないから裁判でこんなことまで始めたのかもしれない。
ここまでする女なら・・・
DVやモラハラのでっちあげをする事も、
十分に考えられるというのは私の感想。
DV認定など大した確認もせず、
女の主張だけで認められるというから怖い。

父親の心情に関する記事がみつけられないのだがもしも・・・
自分の子でなくとも、自分の子として育てたかったと考えていたなら、
その心情は想像に難くない。
男は直接子をうまないので、親子としての感情は、
生まれてきてから接した時間が全てである。
たとえ自分の子でないとしても、
我が子ではないから愛情が無くなってしまう男は少ないと思う。
そういった愛情を抱えつつも自分を裏切った愛する人と、
寝とった男の子供を育てる・・・
「托卵」と言われる行為は罪深く、
男の尊厳を無視した最低の行為なのである。
でも、女には響かないのだろうな。

さて・・・

もしも最終的にこの主張が認められたなら、
この男性の心情を思えば大変申し訳無いが、画期的であると言える。
科学的根拠により、父子関係を取り消せる前例ができる事になる訳だ。
女に甘い司法だが・・・どうだろうかね。
今後の動向を見守ろう。

かねがね言っているが、
生まれてすぐ、法による強制力で義務付けるべきだと思う。
必ず父ー子、母ー子の親子鑑定をすれば、
托卵も防げるし、取り違いも防げる。
「一部」であったならほとんどが問題無い上、
取り違いも防げる。
義務化により鑑定料は下がってゆくから、
費用負担も恐らく大した額にならないだろう。
男にしたって、自分の子という実感がいまより生まれるかもしれない。
それは良い事だ。
なによりも、こういった不貞行為による妊娠の大きな抑止力になる。
ひいては・・・
これから生まれてくる子供の為であろう。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

2014/01/31 09:48|日記TB:0CM:25

コメント

なるほど~ これは確かに実践すべき事だと思う。
昔に比べてDNA鑑定もかなり正確に早くわかるしね~
無駄な裁判や時間を失う事はない。
「あなたは旦那と同じ血液型だから大丈夫よ♪」という、おバカな人も出てこないやろ^^
それにしても世の中色んな話があるもんだ・・・
なっつ #iydQorAY|2014/02/03(月) 09:44 [ 編集 ]


托卵という行為は、人として最低だと思いますよ。
私は女ですが、本当にそう思います。地獄に落ちろって思います。

まあ、『托卵をする女』には響かないでしょうけれど。

出産後すぐにDNA鑑定をする法律ができればいいと思います。
配偶者の子ではなかった場合、即行多額の慰謝料で離婚できるような。そうすれば、父親の不安もなくなりますよね。
托卵をするような女は、どんな目に遭わせても構わないと思います。
ミドリ #-|2014/02/03(月) 10:12 [ 編集 ]


なっつさん

ども
そういうキーワードでネットを検索すると、
山ほど事例「かもしれない」文章が見つかりますね。
怖い、怖い^^;

ミドリさん

「女が」がお気にめさなかったようですね。
しかしね、この案にあなたのように同意してくれる女性は少ないのです。
いろんなQAサイトで同じ案が提示されていますが、
女による同意は殆ど無く、むしろ批判対象となっています。

「父親が違った場合のその後の子供の養育」
「増えるかもしれない堕胎」

そういった事を考え、多くの女性は同意できないのですね。
ばれた場合の女性の立場でしか考えられない人が多いのでしょう。
この場合、事実をしった男性の心情は取るに足らぬ事なのでしょう。
つまり・・・

 子供の人権>>>>>>>>>>>男の尊厳

こういった図式が成り立つわけです。
せめて・・・

 子供の人権>=男の尊厳

くらいに考えて欲しいものです。
りょうちゃん #JZ2AL5Xs|2014/02/03(月) 12:11 [ 編集 ]


同意する女が少ないというより、ネットでギャーギャー言うのが、托卵女の擁護をするような女ばかりだというほうが正しいかもしれませんね。
普通に考えて托卵という行為は異常ですから、普通の女性は、ネットでギャーギャー言わないだけなんだと思います。



ミドリ #-|2014/02/03(月) 14:15 [ 編集 ]


ところがですね・・・
要は「疑われる」と感じる事のようで、
托卵女を擁護などとは違うのですよ。
まぁまぁ、興味があったら、

「旦那の子じゃない」
「浮気相手の子を妊娠」
「不倫相手の子を妊娠」

そのあたりで検索してみてはどうでしょう。
もしかしたら印象変わるかもですね。

私の私見をもっと語っても良いですが、
お互い根拠の無い「印象」で議論しあっても結論はでませんし、
相手を納得させる事までは出来ませんよ。

続けますか?
りょうちゃん #JZ2AL5Xs|2014/02/03(月) 18:11 [ 編集 ]


いやいや、別に主様と議論するつもりはないですよ(笑)納得させようなどとも思ってません。
托卵や不倫相手の子供の妊娠とか、私もいろいろと検索して読んでます。
酷い話です。男性を馬鹿にしていると思います。
何かお気を悪くされたなら申し訳ありませんでした。
全ての女性は同じではないと思ったからコメントしただけです。
主様がそう感じておられるのなら、それでいいんじゃないでしょうか。
大変失礼いたしました。
ミドリ #-|2014/02/03(月) 21:07 [ 編集 ]


父子関係は取り消せないんじゃないの?

と、なんの根拠もなくゆってみる。
子どもが原告というのもひっかかる。関係を取り消したいほどの劣悪な関係なのかな。
その子にとって関係を取り消してしまっていいんだろうか…いいのなら取り消すべきだけど。
この場合子どもいちばんの判決になるかと。

DNA鑑定については、取り違え防止と、父性の促進みたいな目的が第一だと思うけど、実際は「おれの子」である確認をしてほっとする、みたいな使われ方になるんだろうな~
せちがらい世の中ではあります。
むーちょ #-|2014/02/05(水) 10:07 [ 編集 ]

追記
もちろん、父子関係を取り消したくないというまともな父親の心情も汲んだ判決になるとも思います。
むーちょ #-|2014/02/05(水) 10:11 [ 編集 ]


むーちょさん

通常できないのですが、
原告が子という形態をとり、取り消せる判決が出た。
という事ですね。
原告の子は「幼い」とあります。
環境やら何やらでなくDNA鑑定結果をもっての判決のようです。
父親、母親が原告では取消できないので、
恐らくは母親の意思により子供を利用しているのですね。
酷い母親です。
托卵するわ、子の意思に関係なく父親を変えようとしている・・・

「せちがらい世の中」

まさにそうですね。
自分の子かどうか疑わねばならないとはね・・・
いや、今はただ証明するすべが出来ただけで、
昔からそういう事例は多数あるのかもしれませんね。
その意味では・・・
男にとっては悪い事ばかりでは無いのかもしれません。

もう一応の判決は出ているのですが^^;
父子関係は取り消されているようです。
ところで・・・
自分の子じゃないなら、父子関係を取り消したいという考えは、
まともではないと感じますか?
自分を裏切ったパートナーと、
パートナーを寝とった男との子供ですよ。
そんな子供に自分の労働対価のほぼ全てを費やすなんて、
ばかばかしいと考えても私はなんら不思議ではありません。
母親と、実の父が責任を持って子供を育てるのが本来です。
むしろそう考えるのが当然と言えます。

が・・・

長らく共に暮らし親子となったなら、
そう考えない男が多いのだと私は感じています。
相反する感情を抱きながら子と接するのがどれくらい辛いことかもね。
繰り返しになりますが、
この例で、もしも父親が事実を知っても親子で有りたいと思っていたならば、
その心中は痛いほどわかりますね。
りょうちゃん #JZ2AL5Xs|2014/02/05(水) 12:17 [ 編集 ]


正直…こんな判定がでるとは、父親に何か問題があるのかと疑ってしまいます。
でも、DNA鑑定の結果をいちばんにとらえてのことのようなので違うんですね。
他人からいらん疑いをかけられる点で父親がここでも不利ですね。
自分の子でないとわかって父子関係を取り消す父親を、まともでないといわないけれど、何の罪もない子どもの気持ちは無視なのか?と思うと、なんか違うなって思います。
今までかわいがってきた子どもです。
だからこその葛藤、お察しします。

昔はおそらく…今みたいに便利じゃなかったから、簡単に浮気チョメチョメできなかったと思います。
夫の子でない子の妊娠は、そういうお仕事してたとか、できればおろしたくなるような悲惨なセックス(強姦的な)が多かったんじゃないでしょうか。
それでも、後継ぎ確保や生きていくために、みんなでみぬふり、という現実が多かったんじゃないかなぁ、と、私は想像。「もらい子」なんてのが身近にあった時代です。
貧困のせいで、男の尊厳も女の人権もなかった時代。
むーちょ #-|2014/02/05(水) 13:59 [ 編集 ]

追記
だからこそ、DNA鑑定みたいのではっきりさせず、うやむやでよかった時代。
むーちょ #-|2014/02/05(水) 14:08 [ 編集 ]

追記2
ちょっと時代をさかのぼり過ぎたv-356
むーちょ #-|2014/02/05(水) 14:44 [ 編集 ]


むーちょさん(笑)

私の印象を肯定してくれるような書き込みですね。

>まともでないといわないけれど、
>何の罪もない子どもの気持ちは無視なのか?

私とのやりとりで否定されていますが、
ご自身は、そんな父親は「まともでない」と思ってらっしゃるのだと思いますよ。
要は本文中に書いた・・・

子供の人権>>>>>>>>>>>男の尊厳

という事ですよ。
恐らくね、多くの女性には理解出来ないのですよ。
自分の子と信じる事しか出来ない男。
疑問を持つことさえ許されない男。
それを裏切られるという事がね。
結局間違いなく自分の子供を産める人間と、
産んでもらうしかない人間とは、
本当の意味で理解しあえないのかもしれないですよ。
同じように男には理解できない「女の気持ち」もあるでしょう?
ただその一つというだけです。

結果として、母とその子を含めて憎しみを持ったとしても、
私は不思議ではないと言っています。
子の人権をを盾に・・・
「どこの馬の骨か分からない男」の子供に対して、
無条件に愛情を注ぐ事を強要される言われは無いですよ(苦笑)
それが「まともな人間の考える事」ではなく、
人の道と言えるならば、
どうして隠そうとするのでしょうね?
堂々と・・・

「あんたの子じゃないけどあんたの子とそだてるべき、それが父親として当然」

と言えますか?言えないでしょ?
それは非道な事をしているという自覚と、
子供が捨てられるかもというリスクを知っているからではないですか?
と言うことは、そういう感情を男が抱く事をしりつつ、
反目した行動を男に強要しているという事です。
酷い話だと思いますよ。

後半の話は論外です。
あなたは一所懸命托卵しても女性に責任の無い。
または同情出来るような「形態」を探しているにすぎません。
最後の「うやむやでよかった時代」・・・
一生知らずにいるのも男にとって幸せだといいたいのですか?
まさに「女にとって」都合の良い時代ですね。
やりたい放題でしょう。
DNA鑑定の技術向上は、
本文に書いているとおり、男にとって利もあるかもしれないと思ってますのでね。
りょうちゃん #JZ2AL5Xs|2014/02/06(木) 10:12 [ 編集 ]


男の気持ちは察するしかできないので、「お察しします」と書きました。
他人事なので「あんたの子じゃないけどあんたの子と育てるべき」と言ってしまいそうです。
そういう意味では、子ども>>>>>>男の尊厳、かもしれません。
でもそれが当然とは思ってません。苦しい葛藤を、理解はできてないかもしれないけど、察することはできるからです。

「托卵する女」についてですが、私は生きていくためのずる賢さだと思います。許されることではないし、正直になるのが本当の誠意ですが、それができない苦しさも、察せられます。

一生知らずにいるのは男の幸せか?
そういうカタチの幸せもあると思います。うやむやにして、昔の人は必死で家庭を守ってきたのだと思います。憎まないように。生きていくために。
むーちょ #-|2014/02/06(木) 11:29 [ 編集 ]

追記
「あんたの子じゃないけどあんたの子と育てるべき」というのは、この裁判のように、父子として関係を築く年月過ごした場合です。
父親にとっても、今までかわいがってきて、父子関係を取り消すというのは、辛いだろうと思いました。

産んですぐならどうだろう…
ここでDNA鑑定の義務化が有効になってくるのでしょう。
問題を先延ばしにしない、ということで。
むーちょ #-|2014/02/06(木) 12:40 [ 編集 ]


なるほど・・・
察する事は可能なのですね。
ならばアドバイスします。
もしも託卵された男と接する機会があったなら、
(あるか?そんな事w)

・托卵した女の苦しみが分かる
・血は繋がっていなくとも貴方の子供

的な発言はしないようにした方が良いと思います。
女と子供を無意味に擁護しているように捉えられるかもしれませんよ。
酷い仕打ちをされた人間に対して、
さらに追い打ちをかけるのが目的なら話は別ですけどね(笑)
そういう配慮の対象は女に対してだけであって、
男にはどのような酷い事を言っても良いと思ってる女が多いと思いますが、
あなたはどうですか?

托卵されたこの裁判の父親の心情は分かりませんが、
父子関係の解消を拒絶しているのだから、
恐らくは子の父であり続けようとしたのだろうと思います。

浮気され
托卵され
さらには子から引き離される。

理不尽極まりないと思います。
原告は子とは言え、年端もいかない子のようです。
実質は完全に母親が原告ですよ。
だから私は「司法は女に甘い」と書いたのです。
ま、かねがね親権問題について
圧倒的に女性が優位なことなどから、
私が思っているだけですけどね。

以下の点は議論しても仕方ないので、
再度私の見解を述べます。
たとえどれだけの年月を共に暮らそうとも、
托卵された男が他人から

「あんたの子として育てるべき」

などと言われる筋合いは無いと思いますよ。
特に女から言われると・・・

「お前に何がわかる?」
「女と子供の事しか考えてねぇだろ」

なんて思われても仕方ありません。
というかそれが事実ですけどね(笑)

ある程度の年数共にくらしていたなら、
その場で父子関係を解消したいと思う男は、
私も少ないと私も思います。
その見解は一致していますね?
しかしながら数の理論じゃありません。
そう思える人が賞賛されても、
そうでない人が批判を受けるのは「異常」であると思います。
繰り返しますよ。
その子供は・・・

・裏切った女と寝とった男の子供
・自分とは全く血のつながりの無い赤の他人

なのです。
「本物の家族」を持ちたいと考える事は、
誰にも批判出来ないはずです。

責められるべきは卑劣な行為をした母親であり、
責任は全てその女にあります。
子を不幸にしないように最大限の努力をしなければならないのは、
「意図せず父親とされていた」男でなく、
托卵行為をした女および実の父なのです。
托卵された男に対して、
子の親である事を強要するような考えは、
女や子供だけの幸福しか考えていないのですよ。

家族を守る。
子を守る。

そんな美しい言葉で、
男の尊厳を無視するような考えには同意出来ませんね。
また、卑劣な行為をした人間がどのように苦しんできたとしても、
同情の余地など全くありません。

ここまで書けばわかると思いますが、
DNA鑑定義務化については、
生後間もない状態であれば男が苦しまずに離婚・父子関係を否定できるでしょうね。
たぶんね・・・
生まれてすぐに鑑定して自分の子では無いなんて事になったなら、
私は即時離婚して子供の父にはなりませんよ。
どんな手を使ってでも父子関係を解消して、
新たな人生を歩みます。
孫を可愛がる両親などにも申し訳ないですしね。
りょうちゃん #JZ2AL5Xs|2014/02/06(木) 14:31 [ 編集 ]


浮気され、「托卵」され、さらには子から引き離される、理不尽な判決と思います。ここは同じです。

私は父子関係を取り消す父親を「まともでない」と批判したわけではありません。
父子関係を取り消されるくらいに、まともでない父親だったのか、と疑って「まともな父親だったら」と書きました。
批判はしていません。
でも、父子関係を取り消す父親を「違うなって思う」と書きました。
それは希望です。たとえ過ちの子でも、罪のない子には優しくあってほしいという希望です。
父子関係を解消したい男は少ないと思う、そう読んでほっとします。
しかし現実はそうでもないかもと、思えてきました。想像を絶する苦しみなのだろうと。
目の前の子との絆と、過ちの結果という事実との間で、それは苦しむと思います。
私の希望は、無責任で軽はずみな希望かもしれません。ごめんなさい。

DNA鑑定義務化で、男が苦しまずに離婚・父子関係を否定できるのは、女にとっても同じでしょう。
問題は先延ばしにしないにこしたことはない。
ただ…繰り返しになりますが、、せちがらいです。
まぁ…「托卵防止」や不貞による妊娠防止には、なるのは確実でしょうね。
むーちょ #-|2014/02/06(木) 16:10 [ 編集 ]

追記
>卑劣な行為をした人間がどのように苦しんできたとしても、同情の余地などまったくありません。

私はそうは思いません。
むーちょ #-|2014/02/06(木) 16:19 [ 編集 ]

追記2
やっぱ不貞による妊娠防止に有効かは不明。
「托卵」防止は確実。
むーちょ #-|2014/02/06(木) 16:32 [ 編集 ]


>父子関係を取り消されるくらいに、まともでない父親だったのか、
>と疑って「まともな父親だったら」と書きました。

この部分ですが、関連する貴女のコメントは以下の部分です。


>父子関係を取り消したくないという、
>まともな父親の心情汲んだ判決になるとも思います。


>自分の子でないとわかって父子関係を取り消す父親を、
>まともでないといわないけれど、
>何の罪もない子どもの気持ちは無視なのか?と思うと、
>なんか違うなって思います。

①については父子関係を取り消したくないのが「まともな父親」と言う意味にとれませす。
裏返せば当然ながら「取り消したいのがまともでない」という意味となります。

②についても否定はしていますが、子供の気持ちを無視するのは違う。
つまり、間違っていると取れます。

その上で、私の主張を記述したまでです。
希望であるなら希望で結構です。

せちがらい・・・
その記述はやはり鑑定に対する否定と取れます。
DNA鑑定をすることがせちがらいというならば、
DNA鑑定をすることではなく、
動機になり得る状況があるという事実と共に、
少なからず、実施することにより托卵の事実が存在する。
その事がせちがらいですね。
その内容についてまた気が向いたら記事を書いてみますよ。

女性が否定したくなるくらい
男性が絶望するくらい

そういう例は世にあふれているようです。
りょうちゃん #JZ2AL5Xs|2014/02/06(木) 20:00 [ 編集 ]


①について、「まとも」とは、まじめとか生活が普通、という意味で書きました。
なので裏返すと「まともでない」は、子を育てられるような環境にない、という状況を疑ったのです。
わかりにくかったでしょうか、すみません。

②についての「違うな」は、しっくりこない、という意味です。
間違ってはいないと思います。
そういう選択もあるでしょう。
ただ私にはどこか寂しいものが残るのです。

>DNA鑑定をすることがせちがらいというならば、
>動機になり得る状況があるという事実
>その事がせちがらい

そのとおりです。
私自身はDNA鑑定に賛成も反対もしてません。

ネットではいろんな例があふれているようですね。
せちがらいです。ほんとにせちがらいです。

むーちょ #-|2014/02/06(木) 23:03 [ 編集 ]


女が生きるために利用される男が
夫として女と子供に愛情を出せるか?

人は野性的な生き物じゃないので
。。。厳しいですね。

非合理的な男女と子供の問題は
自分(私)。。。自分(私)。。。って感じで
物事を考えるのではなく
相手の立場になって考えてくれれば、裁判などの
あとで後悔する自分の都合通りにいかない
合理的な司法の判断と決断による不幸も
少なくなると思うのだけれど。。。
きーちゃん #ASaEpzQ2|2014/02/07(金) 07:38 [ 編集 ]


きーちゃん

司法は万民に平等であって欲しいですね。
事実に基づいて判断する難しさは分かっているつもりです。
参加した人の性別、能力などにより判決がブレないように努力を続けて欲しいとは思いますが、
難しいのでしょうね。

りょうちゃん #JZ2AL5Xs|2014/02/07(金) 09:47 [ 編集 ]


嫡出否認の訴え

親子関係不存在の訴え

これらは素人にはわかりにくいですが、別の手続きです。
一年以内なのは前者ですね。
タカJr.4 #qgE5kL32|2014/02/08(土) 18:00 [ 編集 ]


タカさん

調べてみました。
なるほど・・・後者ならば1年を超えても手続きかのうですね。
前者のみで、夫側からの訴えは無理なのかと思っていました。

あとは事例ですかね・・・
法で定められても、実質運用がどうかという問題がありますね。
りょうちゃん #JZ2AL5Xs|2014/02/09(日) 12:03 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://whoring.blog74.fc2.com/tb.php/1143-879d1a6b

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

浮気・不倫・婚外恋愛 

婚外恋愛なブログ
浮気なブログ
結婚生活のブログ
セックスレスのブログ

アクセスランキング 

アクセスランキング

お気に入り^^ 

不倫パートナーをさがそう
~老舗の不倫出会いサイトです。
不倫について語る部屋
~いろんな不倫関連の板があります
恋愛事情
~ポリネシアンセックス等々
旦那には言えない人妻美久の淫乱日記
~ホンモノの人妻が書く秘密の日記

相互リンク 

デリ ヘル情報、全国のデリバリーヘルス探しなら
「デリヘル1分間!」

不倫サイト総合案内所
不倫ノートブック
中年貴族
セックスレスの日々
ぴぴ今日もィク~(((((っ゚ロ゚)っ
アールグレーの日記
28歳妻への夜這い
主婦のマル秘生活
りなの人妻恋愛不倫日記
カッパ&ナースの☆ふたりはセフレ
Tバック日記サイト
四十代すけべカップルの野外日記
NTRスキの妄想
あなたがいるから
~それでもあなたが好きだから~
セックスとハートの相関関係
☆セックスレス主婦、M(えむ)のブログ☆
キスの動画
熟女 人妻悦子の禁断告白エログ
セックスレス解消.com
不倫する時される時
心と体のバランス
ももの花びら New!

相互リンク募集中

Copyright(C) 2006 レスされ男の浮気日記 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.